スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kaspersky Internet Security 2016 16.0.1.445 のセルフディフェンス機能は盛大にバグっている(修正バッチが出たっぽい)

遭遇した現象

だいたいこんな感じで再現できる

  1. LinuxなどでWindows10を導入するパーティションを0クリアしてフォーマット(念のため)
  2. Windwos10 Install Disk(MSのサイトにて配布していたものをDVD-RWに焼いたもの)からWindwos10をインストール。念のためこちらでもインストール先のパーティションをフォーマット
  3. driver導入
  4. MSのサイトにて配布されているVisual Studio 2013, 2015のiso(2016/07/31時点の最新)をマウントし、順にインストール
  5. Kaspersky Internet Security 2016 16.0.1.445をインストール
  6. VSがハングする!!!

解決の糸口

こんなStack Overflowをみつけた

Visual Studio freezes or hangs on startup

When it hangs on the splash screen:

It could be that an anti-virus solution is blocking Visual Studio.

Kaspersky Internet Security 16.0.1.445 makes Visual Studio 2015 hang on the splash screen. The older version 16.0.0.614 works fine.

ほう・・・?

Kaspersky のサポートに問い合わせた

これではいまいち何が原因かわからないし、第一16.0.0.614はどっから手に入れればいいんだ。というわけで問い合わせた。

全文掲載すると長くてやっていられないので、要約すると

  • 原因はKaspersky Internet Security 16.0.1.445のセルフディフェンス機能
  • セルフディフェンス機能とは、Kasperskyのプロセスを書き換えられるのを防止する機能
  • Visual Studio以外でも似たような問題が発生している
  • 現在改修作業をやっているけど修正には時間がかかりそうだ
  • ハングするものを使う時だけセルフディフェンスをOFFにするか(常時OFFは良くない)、16.0.0.614に下げてくれ

ということらしい。

具体的な対処手順については
【参考:カスペルスキー インターネット セキュリティ 2016 (16.0.1.445)をインストール後、アプリケーションのインストールが途中で停止してしまい完了しない、またはアプリケーションが正常に動かない】
を参照のこと。

感想

原因がわかってよかったけど、Windows10を10回も再インストールするはめになったので辛い

追記

いつの間にかKasperskyの公式サイトが更新されている。それによれば、修正バッチが出たっぽい。定義データベースをアップデート後にOSを再起動することでバッチが適用されるっぽいけどまだ試せていない。

スポンサーサイト

盛大にぶっ壊れたパスワード付きzipを解析してみる

はじめに

まあ何回か書いている通り、みらい研究室実行委員会のWebページ担当なわけですが、何故にや知らん、理大祭会議なるものに出席することになりまして、それが理大祭、つまい学園祭に出展するために出なければならんとのことだからやむを得ない。

で、出て、資料もらって、資料がWebでも上がってるというから、「見てみるか」となったわけですね。これが元凶です

解凍できない・・・だと!?

私はWindows使いなんですが、標準の解凍機能はお粗末なんで、CubeICEを愛用しています。ところが

ERROR: エラーを特定できません

いやいや、どういうことだってばよ?よろしい、ならば7-zip先生に・・・

7-zip error

なんやって・・・。ねんのためWindows標準機能で・・・

ms error1 ms error 2

パスワード違うだぁ!?こういう時はコマンドラインで・・・

わぁ・・・。なんかすごいエラーだけどとりあえず解凍できたぞ

ちょっとzipを解析するか

まずzipとはどういうデータ構造かというと、いろんな情報とデータに分かれていて、これがファイルごとに存在します。ではその情報のうち、ヘッダーを見ていきましょう。

オフセットサイズ内容
04ローカルファイルヘッダのシグネチャ = 0x504B0304(PK\003\004)
42展開に必要なバージョン (最小バージョン)
62汎用目的のビットフラグ
82圧縮メソッド
102ファイルの最終変更時間
122ファイルの最終変更日付
144CRC-32
184圧縮サイズ
224非圧縮サイズ
262ファイル名の長さ (n)
282拡張フィールドの長さ (m)
30nファイル名
30+nm拡張フィールド

で、実際のバイナリエディタで開いたものがこちら。

binary zip
  1. CRC32が格納される32bit分が空にもかかわらず、汎用目的のflagの3bit目が1になっていない。
    →ほとんどの解凍ソフトで解凍に失敗
  2. ファイル名がUTF-8でエンコードされているが、汎用目的のflagの11bit目が1になっていない。
    →Macや最近のLinuxではこの場合UTF-8として扱うので文字化けが発生しないが、WindwosではShift-JISとして扱うので文字化けを引き起こす。
  3. 暗号化zipにはアーカイブデータの前に12byteの暗号ヘッダーが付加される。これの12バイト目に圧縮元のデータのCRC32値の上位8ビットが設定されるはずだが、上述の通りヘッダーのCRC32がぶっ壊れているため、一致しない。
    →ほとんどの解凍ソフトで解凍に失敗

で、こんなぶっ壊れたファイルを吐くソフトは一体何者だ

ちょっとわからない。__MACOSXとあるから、Macで作られたんだろうけど。

教訓

  • unzipすげぇ、Windowsユーザーも入れましょう
  • 文字コードの闇は深い

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

星月夜の窓行方不明





ずっとお気に入りの二次創作第一位を(私の心のなかで)保ち続けていた
星月夜の窓
というサイトがどうも消えたっぽい。

http://hosidukiyo.at-ninja.jp/main.html
http://www.enpitu.ne.jp/usr7/bin/list?id=76670

サイトも日記も消えている。

今のサイトはもともと
http://hosidukiyo.hp.infoseek.co.jp/
にあったのが移転したサイトなんだけど・・・。

六神さーーーーーーーん!

・・・叫んでも解決しないか・・・orz

とっても悲しいお知らせでした。

え?そんなサイト知らない?ひどいなぁ、
http://archive.org/web/
でまだ見れるからよんでみなよ。本当に上手な小説なんだからっ!

サイトのデザインもシンプルで好きだったので、
C言語講習会資料を書くときにデザインをパク・・・げふんげふん、参考にさせてもらったのに。
http://yumetodo.github.io/2015_C_Textbook/index.html

ちなみに3年?くらい前に二次創作の許可もらったんだけど、途中で話の流れがおかしくなっちゃって中断してるんだよね。

WkmUtl騒動に関するyumetdoの謝罪と現状認識

初めに

今回の騒動の引き金を引いたのは間違いなく私@yumetodoです。関係者みなさま、申し訳ありませんでした@MaverickTse 氏含むわかめの皆様に何か言いに行くのは筋違いです。また以下の文章に関してはすべて私yumetodoにお問い合わせください。

後述しますが、わかめはslackという閉鎖掲示板のようなものでやり取りをしているのですが、私はそんなもの見れるわけが無いので、Twitterに出てきている情報のみで書いています。

また、Issueなどで議論を喚起していた@MaverickTse 氏が
XXXUTL始動から今までの経緯と思惑
http://mavericktse.mooo.com/wordpress/archives/2274
を上げてますのでそれも合わせてお読みください。

そもそもWkmUtlとはなにか、外から知り得る限りの印象

皆さんAviUtlはご存知・・のことと思いますが、知らなかったらこの記事見ないでいいです、その後継ソフトを作るものです。
「ふえるワカメ」なる優秀なプログラマ(私の私見です)が集まっているコミュニティで始まったので「わかめふえてる」略してWkmUtlと名付けられた・・・というわけでは無いですが、まあそんな感じでしょう

騒動の始まり

約一週間前、2015年11月25日(JST)に@MaverickTse 氏がそのUI案をあげていました。
それを見て私はそれがいいと思えなかったので対案の制作にとりかかりました。

土日かけて(他のことしながらですが、大学のレポートとかレポートとか)UI考えて、2015/11/30 14:39(JST)に私のUI案が完成しました。

その少し前に

こんなツイートを投げた所、@MaverickTse 氏より

upload the file somewhere (may be somewhere in your own repo) and let me transfer the file for you. I don't want you to be messed with territorial behaviors from other collaborators...
(日本語訳)どこか(yumetodoのgithub repoとか)にアップロードしてくれ、そうしたら私がWkmUtlに転送(mergeのこと?)する。私(MaverickTse)は(WkmUtlの、つまりはわかめの)他のcollaboratorsから縄張り意識(訳合ってるかわからん)が原因で騒動に巻き込まれてほしくない

という返信が来ました。この時点で正直首をかしげていたのですが(2文目)、とにかくリンクをおくればええんやな、ということで

https://github.com/yumetodo/WkmUtl/tree/yumetodo_UI_design/UI/Concepts/yumetodo_01 …
できました。
足りないものがあったら言ってください

とDMしました(騒動の後リンク先のrepoは削除しています)

同じ頃完成報告をTwitterでしました

そして同日17時(JST)ごろ、

本家のrepoに@MaverickTse 氏によってmergeされました。
この時点では、私の案がぼろくそに叩かれて結果UIが決まればいいな、と思っていました。そういえば水木しげるさんの訃報が流れたのはこの頃でした。 21時ごろに

意見も寄せられていました。

ちなみにこの時点で@MaverickTse 氏はすでに寝てたと思います

騒動

ところが、muken氏が(多分)仕事が終わって帰宅した(と思われる)22時半(JST)頃相次いで

のような投稿がありました。
私はmuken氏(@OumaeKumikoBot)のツイートをずっと見ていた(というよりタブ開いてたから新着ツイート追えてた)ので気が付いたわけです。
でこの時点では何のことかわかっていませんでした。

その後も騒動は広がっていき

githubとツイートを見ながら何事か探っていた私は、「素材」の2文字をみて
(UI案に使った動画のサムネが著作権的にあかんかったのかな) 
とやっと思い当たり

muken氏に問い合わせたら 私が有罪の模様。多分「素材」なんだろうとは思いつつ、違ったら困るので

を投げつつ、修正を始めました。

日付が変わり2015/12/1 2:15(JST)に素材を変えた修正版が完成しました。この時点ではlocalにcommitしただけで、pushしてないのでネット上には上げていません。

でその後スヤァしました。この時点ならmergeをrebaseとpush -fで履歴改ざん、のち修正版をmergeすればさらにこじれることはなかったと思っています(違ったらすみません)

起きてみると@MaverickTse 氏が前日のmergeをrevert(取り消し)していました。

とりあえず寝る前の修正版をpushしました これをDMで@MaverickTse 氏になげたところ、まあいろいろやり取りが始まりました。 先にちらっと言ったとおり、わかめはslack上でやり取りをしているので、そこでの話も(最終的にTwitterで公開されたことから推察できる範囲の情報が)流れてきました。 この辺は最初に書いた「XXXUTL始動から今までの経緯と思惑」と概ね同じ話です、で納得してください。 ただ、GitHubだけではなく、Slack上でも編集のガイドラインがなかったようです。これはmuken氏のツイート

でも分かりますね。

@MaverickTse 氏はいろいろ嫌になった模様で

WkmUtlから分離してMPUtlを作り始めました。

でmuken氏が帰宅して(帰宅途中という話もある)

話はおかしな方向に向かいます

「XXXUTL始動から今までの経緯と思惑」の中の「とんでもない発言貰った」というのはこの辺を指してるのかな。Slackで何かあったのかな、ようわからん。

で、日が変わって
XXXUTL始動から今までの経緯と思惑
http://mavericktse.mooo.com/wordpress/archives/2274
が上がり、それに対しての話が始まるんですがそれは私が書くことではないですね。

まとめ

  1. もともとWkmUtlの編集方針的なところが固まる前だった
  2. 私のUI案に某動画が素材として使われており著作権的に不味い状態だった
  3. その状態で@MaverickTse 氏にリンクを投げた
  4. @MaverickTse 氏がチェックミスをしてそれをmergeした
  5. それはプロジェクトの存立を脅かすものだった
  6. 話がやたら広がっていった
  7. 「責任」という言葉についての解釈が一致しなくなった
  8. 今に至る

WkmUtlの今後

謎。一度リセットみたいな話もあったけど分からない。

niconico動画で話題の右派左派についての動画を見た感想

書けるときにブログ書かないとまた「一ヶ月以上更新してないから広告でかく出すぞ」とFC2に○○されかねないのでかいてみます。ただの感想と動画概要(まとめようとしたら余計まとまらなかった)です。

niconico動画で話題の右派左派についての動画というのは

まあこれについてなんですが。

【ゆっくり雑談】ネトウヨの作り方、サヨクの作り方【最終章】(sm27493753 投稿者:鋼兵)

この人はあれです。動画上げること自体が趣味の人でニコニコの動画ランキングを漁るのが好きな人です。それを踏まえて動画を見ないと信者に足をすくわれます。

0:17-0:29
ニコニコ動画における政治カテゴリについての前提知識

0:30-2:27
鋼兵(この動画の投稿者)が思う、世間(ニコニコ動画ユーザー)の右翼左翼への見方の提示と「ネトウヨ」「ブサヨ」というレッテルの存在の確認

2:28-2:59
動画の方針説明

3:34-4:36
母性的、父性的という尺度の導入と、動物界における群れの中での性差による役割の違いから母性的、父性的という言葉を定義する

4:37-5:56
直流回路、交流回路という尺度の導入。安定の荒らしコメント。

6:10-7:52
先の尺度の具体例。動画を最後までみてからもう一度見ないとなんのこっちゃわからない。

8:51-9:50
第二次大戦後のGHQの戦略について

9:52-15:01
インターネット登場以前の構図について簡略化してまとめている部分なのですが、先の母性的、父性的という尺度と直流回路、交流回路という尺度の導入により、なぜ労働闘争とか学生運動が多発したのかという点で分かったつもりになれる面白いまとめ方だと思います。明確な敵がいたほうが多くの人に広まりやすいというのは確かですし

16:00-17:42
ノイジーマイノリティとデモの広告戦略とマスコミについて。主張のキーワード化と単純化は広告戦略として優秀だなと思いました。

18:25-22:45
インターネット登場後の構図について。インターネットの最大の特徴は双方向性、リアルタイムで議論できることだということは、政治活動にも大きな影響があると思いました。そして、だからレッテル貼りが横行するんだなと納得しました。

22:46-24:08
「ネトウヨ」と「ブサヨ」というレッテル貼りがなんでろくな議論を生まないのかということに関して。そりゃ感情論になって話にならないわけだと納得しました。レッテル貼り競争=洗脳競争というまとめ方はそういう点で面白いです。

ネトウヨのつくりかた 信者とアンチのつくりかた(sm27396833 投稿者:KUN)

この人はそもそもYouTuberなのでニコニコの投稿者とはそもそも性質がちがいます。短い動画で人気集めするのが主目的の動画なのでそのへん見るときはよろしゅう。

0:31-0:38
のっけからレッテル貼りを実践していく。タグの「バカ発見器」とはこういうことなのだろう

1:17-1:40
レッテル張りは頭が悪いと主張。そしてふたたびレッテル貼りを実践していく。

1:43-2:00
レッテル張りの最大の弊害。「本来そのパーソナリティを持たないコンテンツや人物を叩く」なるほど。

2:00-2:35
戦後の日本とインターネット登場による変化について。たしかにある種反動のようなものはあるのでしょう。マスコミが常に左派の主張だったかはさておき。

2:36-2:51
レッテル張りにはさらなるレッテル張り、どんぐりの背くらべでしか対抗できない。本当にそこかしこでみる構図ですね(棒読み)。

2:52-3:11
ニコニコ動画の政治カテゴリの現状を告発しつつ動画前半がレッテル張りの実演だったことを宣言

3:12-4:05
レッテル張りをしている人とそうでない人のありきたりなやり取り。ほんとにこんな感じになりました、まえにTwitterでやり取りした時。

全体的に

まあマスコミが常に左派だったかについては疑問符だと私は思うんですが、それ以外は概ね同意ですね。レッテル貼りのうざったいことこの上ない。

せやな

テーマ : 政治
ジャンル : 政治・経済

検索フォーム
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
東京 での時間:
更新履歴


総記事数:
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

yumetodo

Author:yumetodo
FC2ブログへようこそ!

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。